2014年03月10日

小さくて、大きな大きな命

おつかれさまです。

記事の更新が滞ってしまいました。
前の記事のコメントの返しが遅くなってしまい、すみません。

8日に無事に宮崎に帰ってきました。
娘は今日から研修が始まり、私も1週間ぶりの仕事。

帰りの飛行機の中で、会社のお土産を買い忘れたことに気付きorz
もう後の祭り・・・
宮崎空港で宮崎土産買ってもおかしいし・・
結局、自分ち用に買ったお土産(赤福とカントリーマアム小倉トースト味)を会社へ流用。
お土産を多めに買っておいてよかった^^;


名古屋に滞在した5日間はとても充実してて、娘と2人の時間を楽しむことが出来ました。
やらなければならないことも3日目までに全て完了。
4日目は名古屋中心部へ移動、観光などをしてきました。

夕方にはアパートに戻り、歩き疲れたのかちょっとウトウトしていたら息子からメール。
滅多なことではメールをしない息子から・・・すごく嫌な予感がしました。

内容は”アモ(ハムスター)が亡くなった”でした。

実は名古屋に来て2日目の夜、寝ている時にいきなり目が覚めて
息子から”アモが死んだ”ってメールがくるって思ったんです。
本当にいきなり、です。
思わず娘を起こしてこのことを言いました。

”そんな縁起の悪いこと言わんでよ”って言われたけど黙ってられなかった。
でもその日も次の日もそんなメールがくることもなく、
すっかり頭から消え去っていた時の連絡でした。

嘘やろ?絶対嘘や!

なんで??息子に聞いたら、
”水を換える時に巣箱の中を見たら動かない”

信じられない。
なんで私が居ない時に・・・・・・・・・・

”亡くなった” と言うことを聞いてもしばらく頭で理解出来ませんでした。
涙なんて全然出ない。
ただ、頭の中がグチャグチャなだけ。

夜になりようやく頭の中が整理出来てきたのか、涙が止まらなくなりました。
真っ暗な部屋の中、ぐっすり眠る娘の横でずっと泣いてました。

5日目、宮崎に帰る日。
これから1人で暮らしていく娘を励まさないといけないのに、
頭の中はアモのことでいっぱい・・・
ご飯食べてても電車に乗ってても不意に涙が流れてきて慌てて拭ってました。

早く帰りたい。
でも冷たくなってるアモを見るのが怖い。
いや、今は明るく娘と別れるのが先やろ・・・

娘と一緒に居る時はまだ良かった。
悲しみを一緒に共有出来たから。
娘と別れ、1人になった瞬間からもうダメ。終始目が真っ赤。

宮崎空港に着き、車で自宅に急ぐ。
アモに会いたいのに会いたくない、変な気持ちでした。

自宅に着き、走って玄関を開け、アモの居る場所へ。

巣箱の中のティッシュの中に、体を丸くして寝ているようなアモが居ました。
触っても動かない。
体は柔らかく、いい匂い、でも、冷たい・・・・・・・・・・

「アモ。そばに居てやれなくてゴメンね。」
それしか言えなかった。

あんなにチョコマカ動いて全然ジッとしてくれなくて、写真を撮ってもいっつもピンボケだったのに。
抱っこしたら私の指を追いかけて遊んでいたのに、全然動いてくれない。

温めたら生き返るんじゃないだろうか、って手の中で温めたり。
そんなわけないのにね。


気が済むまでアモを抱っこして、体をなでて。
ずっとこうしていたいけどそんな訳にもいかない・・・
寂しくてたまらないけど、アモを天国に行かせなくちゃ。

うちには庭がないのでどうしようかと思ったのですが、ネットで知った”プランター葬”をしました。



私の部屋で一晩一緒に過ごしました。

夜中になるとゴソゴソ動き出して、いつも音で目が覚めてたけど・・・
静かなものです。
その静かさが余計に寂しくて。
ティッシュでいっぱいの巣箱を見てるとアモがチョコンと顔を出すような気がして。
空っぽのケージを見ると辛いので毛布を被せました。
片付ける勇気はまだないです。

うちに来て1年10ヶ月。
最近急に体が小さくなり動きも鈍くなってきていたので寿命だったとは思う。
近いうちにこんな日が来ることは分かってた。
でも、最期を看取れなかったのが本当に辛くて悔しくて悲しいです。

アモはうちに来て幸せだった?
私はアモの存在があったから今まで頑張ってこれたよ。

娘とアモ、いっぺんに居なくなっちゃった。
これから、頑張っていけるかなぁ・・・


アモ、うちに来てくれてありがとう。
メソメソするのは今日までにして、明日からは前を向くからね。
天国から私達家族を見守っててね。





にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。
励みになりますのでよかったらクリックお願い致しますニコニコ


タグ :家族

同じカテゴリー(家族)の記事画像
1回目の成人式
名古屋っ子を宮崎観光へ(その2)
名古屋っ子を宮崎観光へ(その1)
家族あれこれ
1人暮らし
春の おのぼりさん計画
同じカテゴリー(家族)の記事
 1回目の成人式 (2015-08-28 12:18)
 名古屋っ子を宮崎観光へ(その2) (2015-08-22 20:02)
 名古屋っ子を宮崎観光へ(その1) (2015-08-21 12:15)
 家族あれこれ (2015-06-02 19:42)
 1人暮らし (2015-03-13 19:46)
 春の おのぼりさん計画 (2015-01-29 20:12)

この記事へのコメント
アモちゃんには、私もいっぱい元気をもらいました。

命が途絶えるということは、
決して終わりではないと思っています。
人間でも、動物だろうが、植物だろうが同じ。

悲しみと同じ量だけ、前に進めるんだ!と

私は信じてます。
Posted by junjunjunjun at 2014年03月10日 21:33
なもさん♪
お疲れ様(´・ω・`)

あもちゃん。
絶対幸せだったと思うよ!!

だから、元気出してp(^-^)q
Posted by mamy at 2014年03月10日 21:43
なもサンの今日のブログ見て涙しました...。
人間より短い命と分かっていても辛いです。
なもサンから沢山の愛情を貰ってたんだなって思いましたょ!
私も③匹のワンコと過ごして居ますがいつかは....と考えると元気なうちに沢山の愛情で接してあげようって改めて思いました。

気持ちが落ち着く迄は寂しいですが、どうか元気を出して下さいね。
Posted by スコッティー at 2014年03月10日 22:18
ブログを通してたくさんの心を癒してくれたアモちゃん。

お気に入りのティッシュに包まれて、眠るように旅立ったのですね。

アモちゃんは、なもさんが驚きすぎないために虫の知らせを送ってくれた気がします。

少し経って、悲しみより、楽しい思い出のほうが大きくなったら、前向きなもホースの足音を聞かせてください。
Posted by ぽん at 2014年03月10日 22:55
心より あもちゃん のご冥福をお祈り申し上げます。
自分は動物を飼ったことがないですが
記事を読んで本当に大切な家族だったんだなと
お察しいたしました。

また、なもさんが少しずつ前を向いて
楽しい記事をUPされるのをお待ち致しています。

本当に大変な1週間 お疲れ様でした。
Posted by k@ki at 2014年03月10日 23:03
一週間いろいろと大変でした。
落ち着きましたら、また宮崎の話題を楽しみにしております。
寒暖の激しい折り、ご家族ともにお身体に気をつけて下さい。
Posted by blue at 2014年03月10日 23:16
アモちゃん、こんなに素敵な家族に会えて良かったね。
こんなにアモちゃんのことを思ってくれてる。
嬉しいね・・・しあわせだね・・・
ここに連れてきてくれた息子くんに感謝しなくちゃ・・・ね・・・

アモちゃん・・・おやすみなさい・・・
Posted by Mack at 2014年03月10日 23:49
あ~っ 命あるもの終焉ありやね
「絶対」という言葉はこの事 ほかの出来事には絶対はないようやけどな
いずれ我が身も その絶対からは逃げられん  じゃからこそ いかに生きるか・・
転生するんやから 悲しまんでもいいやないかって思ったり・・・・
生きているときの感謝は持ち続けたいね アモちゃんはなもさんの傍にずっといるよ
うちの先代3匹のワンコズにも毎日水を供えておりますワン
悲しみを乗り越えて ポチリ♪
Posted by ILmoon at 2014年03月11日 10:19
アモちゃんは息子くんが自分の部屋でこっそり育てていたんだったよね。
ちゃんとメールもくれたし、息子くんも悲しかっただろうね。

うちの娘も大泣きしたな~。
しばらくするとハムちゃんの可愛い仕草が見たくてまた飼い始める・・・
6匹くらい同じ場所に眠っているわ。
Posted by なる at 2014年03月11日 10:54
おかえりなさい!

昨日すれ違ったときになんとなく雰囲気が違うのを感じましたが、そういうことだったのですね。

毎日の癒しだったアモちゃんが旅立ってしまって寂しいけど、寂しさに負けないように前向きに!!
Posted by Nicky at 2014年03月11日 11:11
おかえりなさい。
私もいつかアモちゃんに会いたかったな~。
大丈夫、アモちゃんは幸せでしたよ(^O^)
知らせを聞いて、そんなに悲しんでくれる「家族」が
いたんですから。
Posted by azumi at 2014年03月11日 11:23
おかえりなさい。

アモちゃんは虹の橋を渡ってしまったのね
(犬社会では亡くなることを虹の橋を渡るという)
橋の向こう側にはたくさんの仲間が待っていてくれて
それはそれは楽しいところらしい・・・

アモちゃんもきっと楽しく走り回っていると思うなぁ
ウチのハムちゃんと一緒だといいな(^^)
Posted by くみ at 2014年03月11日 12:13
皆さん、温かいコメントありがとうございます。

昨夜は、これが最後だと思って皆さんのコメントを読みながら
号泣しました。
おかげで今朝は目がボッコリ腫れてアイラインを入れるのを苦労しました(^▽^;)

もう泣きませんよ!
本当にありがとうございますm(_ _)m



>junjunさん

ありがとう。

アモの記事にいつも反応してくれて嬉しかったです。

終わりはない・・・
そういう風に考えたらフッと楽になれました。

さっき、アモのケージにかけていた毛布を取りました。
私もそろそろ気持ちを切り替えないとね(^-^)



>mamyちゃん

心配メールありがとう。

mamyちゃんを始め、皆さんに心配してもらって申し訳ないと思いつつ、
とても嬉しかったです。
1人じゃないんだなって思いました。

これからも宜しくね(^-^)



>スコッティーさん

今日はありがとうございました(^-^)

おかげで気持ちが楽になりました、とっても!
でも本当に不思議ですね。
ロードバイクという繋がりで、こうやって元気をもらえるんですから。
ありがたいな~。。。

アモの分までワンコ達と沢山遊んでくださいね!
お会い出来るのを楽しみにしてます(^o^)



>ぽんさん

やっぱり虫の知らせだったんだ・・・。
アモが気を遣ってくれたんですね。

ティッシュの中で横たわっていたのは、お気に入りの場所だったから・・・
イカン、涙出そう!耐えなきゃ(T^T)

ぽんさんのコメント読んだらすごく救われました。
本当にありがとうございますm(_ _)m

なもホース復活近いですよ!待っててください^^



>k@kiさん

ありがとうございます。

アモは私の生きがいだったと言っても過言じゃないです。
仕事で嫌な事があったり、家庭で落ち込むことがあったりしても
アモの存在があったから乗り越えられて来た気がします。
それくらい、大きな存在でした。

空っぽになったケージを見るとまだ辛いですが、
時間が経つにつれ、少しずつ思い出になっていくんだと思います。

また笑える記事を書けるまで、待っててくださいね(^-^)



>blueさん

お気遣いありがとうございます。

体だけは丈夫なようで、風邪ひとつ引きません(笑)
いい季節になってきたので、色んな場所にサイクリングに行きたいです。
楽しい記事を書けるよう頑張りますのでこれからも宜しくお願いします。



>Mackちゃん

Mackちゃん、ありがとう。

命あるもの、いつかこんな日が来るって分かってても辛いね。
ペットロスになる人の気持ちがよくわかります。

でも私は大丈夫!
Mackちゃんを始め皆さんのおかげで立ち直れそうです。
アモが居なくなったのはまだ信じたくないけど、
いつか思い出になっていくんだと・・・それをゆっくり待とうと思います。
ありがとう。



>ILmoonさん

そうですね・・・
これだけは絶対避けられないことなんですよね。
わかっちゃ~いるが・・・ですね。。。

アモが私の傍にいてくれたら嬉しいです。
私が死ぬとき、アモが迎えに来てくれるかなぁなんて・・・

くこちゃん、みりちゃんがいつまでも長生きしますように。
ありがとうございます。



>なるさん

そうなんです。
息子が連れてきたアモ、最後も息子だけがアモの傍にいました。
それがなんか不思議で・・・。
何も言わないけど、ショックだったでしょうね。

こんなに辛いならもうペットは飼わない!って今は思うけど、
しばらくしたらまた飼いたくなるのかもしれませんね。



>Nickyさん

ただいまです!

昨日すれ違ったとき、思いっきりいつも通りを装ってたんだけど・・・
Nickyさんの洞察力に完敗です。

大丈夫!前を向いて頑張りますよ(^-^)
ありがとうございます。



>azumiさん

私もアモを会わせたかったな~。
本当に可愛いかったんです(^-^)

幸せだったって言ってくれて、ありがとう。
すごく救われます。
だって、家族だもん!
たとえこの世からいなくなってもずっと家族なんだよね。



>くみさん

虹の橋って言うんですね。
知りませんでした。

くみさんのコメント読んだら、すごくホッとしました。
アモは今頃仲間達と走り回ってるのかな~
楽しんでるといいな(^-^)
そして、わたしが死ぬときは迎えに来てもらうんだ~♪

なんか肩の荷が下りた気がします。
ありがとうございますm(_ _)m
Posted by なもなも at 2014年03月11日 23:11
哀しいですね…

生きるって事は、幾多の悲しみや喜びを背負うもんだと思います。

背負った数が多いだけ優しくなれるんでしょうね。

身を呈して教えてもらった気がします。
Posted by ゲクラン at 2014年03月12日 01:41
>ゲクランさん

ホントですね。

嬉しいこと楽しいことがある反面、辛いこと悲しいことも。
なんか後者の方が多いような気もしたりしますが、
一生では同じ数って言いますよね。

また一つ、悲しみを乗り越えて・・・頑張らないと、です。
ありがとうございます^^
Posted by なもなも at 2014年03月12日 13:14
皆さんのコメント、いいですね〜

あもちゃんはなもさんが娘さんとの分かれに涙しないように、身代わりになってくれたのじゃないかと、思えてきました。
だって、ホラ、娘さんとの分かれの寂しさはどこかに飛んじゃってる〜(笑)

そして、この出来事が。又ムスコちゃんとの話のきっかけになるといいなと願ってます。
それにしても、虫の知らせってあるのですね。

ペットロスの衝撃は計り知れないけど、なもさんの立ち上がる姿を皆待ってるよ〜
Posted by ちらり〜ん at 2014年03月12日 17:27

分かれ → 別れ  に訂正してください。
Posted by ちらり〜ん at 2014年03月12日 17:28
>ちらり~んさん

考えてみたら、ホントそうですね。
娘との別れのときもアモのこと考えてたかもです(^^;;

息子とは相変わらずですね( ̄ー ̄;
でも、これが普通なのでもう慣れた気がします(笑)
いつか突然、話せる日が来るのかなって思えるようになりました。


だいぶ元気になってきたので大丈夫です♪
いつもありがとうございます(^-^)

全然走ってないので、週末のグレートアースが心配ですが(笑)
Posted by なもなも at 2014年03月12日 22:57
こんばんは。

あもちゃん、私も癒してもらいました。

飼っている動物って家族になっているので、いなくなると、とてもつらいですよね。

当たり前だけど、生き物の命はいつか終わるものだから、苦しまなければ、それも一つの幸せなのではないのでしょうか。

あもちゃんは幸せだったのじゃないかな・・・だからなもちんに知らせたんだと思う。
Posted by たま at 2014年03月12日 23:53
>たまちゃん

うん、ホント辛かった。
今も辛いけど・・・
やっとアモは死んだんだってことを受け入れられそうです。

苦しまなかったと思いたいけど・・・
ちょっともがいた跡があったんです。
なので、そこだけが辛いかな・・・

今までアモのこと可愛がってくれてありがとう(^-^)
Posted by なもなも at 2014年03月13日 17:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
小さくて、大きな大きな命
    コメント(20)